【子育てアイテム】ママおたすけ!Pigeon(ピジョン)の電動搾乳機

Pigeon(ピジョン)さく乳器 母乳アシスト 電動First Class

〜ママのおたすけアイテム〜

授乳中のママをたすける<Pigeon(ピジョン)さく乳器 母乳アシスト 電動First Class>をご紹介!!

 

出産後すぐに母乳が出るわけではなく、、、赤ちゃんに吸ってもらって刺激することで、どんどんと乳腺が張ってきて母乳が作られていくのですが、、、

しかし、私は息子が出産2054gと低体重児だったため、母子同室が難しく、最初は授乳時間と同じように搾乳器で母乳が出るように刺激を始めることから始まりました。

自分で手で絞ることもありましたが、肌が弱い私は、すぐに赤くなったり、炎症を起こしてしまったりしていたので、搾乳器はおたすけアイテムとなりました!!

入院中は病院にある、手動や電動、種類もいろいろな搾乳器を使わせてもらっての刺激&搾乳。

夜中、眠い時には、手動搾乳器だと手が止まって寝てしまっていたことも、、、(^^;;(笑)

そんな経験から、家では電動搾乳器を買おうと決めました!!!

息子は体重がもう少し増えるまで、私が退院した後もしばらく入院していました。

なので毎日搾乳して、病院に持っていく私にとって<Pigeon(ピジョン)さく乳器 母乳アシスト 電動First Class>はなくてはならないアイテムでした╰(*´︶`*)╯♡

 

 <ピジョン さく乳器 母乳アシスト 電動First Class>

画像①              画像②

   

☆サイズは22.8 x 14.2 x 16.4㎝の箱に梱包されて届きます。このサイズを参考に(^-^)

☆サイズも場所をとることなく、軽いので持ち運びやすい。

☆組み立て簡単!(画像①をそのまま組み立てると画像②のようになります。)

☆おっぱいへの負担も少なく、しっかりとフィットして優しい刺激で搾乳できる。

☆その他付属品

ACアダプター         哺乳瓶の乳首、キャップ(哺乳瓶は160ml)

 

☆私はネットで8300円ぐらいで購入しました。

 

使い方

①<Pigeon(ピジョン)さく乳器 母乳アシスト 電動First Class>をセットし、おっぱいに吸着させます。

②まず2分間、準備モードで優しく刺激します。

③次にさく乳モードに入り、強さや速さを自分で調整しながら、搾乳をします。

私は、左右各5分ずつぐらいしてました。

 

④搾乳が終了したら、母乳バッグに入れます。

私は<カネソンの母乳バッグ>を使って母乳を冷凍保存していました(*´꒳`*)

最初の頃はあまり、母乳もあまり出なかったので50ml用(20枚入り)を購入。搾乳量が増えてくると100ml用(20枚入り)を使っていました。

搾乳後は↓↓↓の画像にあるシールに名前、日にち、時間を記入して母乳バッグに貼り付けてから、冷凍保存します。

冷凍は約3週間、冷蔵は約1日保存が可能です。赤ちゃんに安心して飲ませるためには、必ずきちんと記入して搾乳日が分かるようにしておきましょう(*´꒳`*)!

 

私は息子が入院中、病院持って行く用として主に使っていました。

搾乳してから24時間しっかりと冷凍させてから(これは病院からの「24時間以上冷凍させてから持って来てください」という指示があったので)、病院に届けました。しっかり届ける時も、保冷バッグに保冷剤を入れて溶けないように注意して、持って行きました。

そして、私が面会時間以外で授乳できない時間帯に何回か、搾乳した母乳を飲ませてもらっていました。

*解凍方法は水またはぬるま湯で行います。水の場合は何回か、水を入れ替えながら、浸しておくと、溶けて行きます。それを哺乳瓶に入れます(^-^)

 

入院中、母乳を直接あげることは1日数回しかできませんでしたが、それ以外の授乳時にも搾乳した母乳を飲んでくれているんだと思うと、うれしかったです╰(*´︶`*)╯♡