【子育てアイテム】安全対策アイテム① hippocamp ベビーガードストッパー

安全対策アイテム①

〜赤ちゃんを守る安全対策アイテム〜

hippocamp ベビーガードストッパー

赤ちゃんも月齢とともに寝返り、ずりばい、ハイハイ、つかまり立ち、よちよち歩き、、、と自分で動き始め、活発になってきますよね。

うれしい成長ではあるものの、同時にけがをしないようになど、心配事も増えてきます(>_<)

我が家でも、息子が活発に動くようになって初めて、「ここも!」「あそこも!」とテーブルやテレビ台の角、開き戸やタンスの引き出しなどなど、息子が興味を示す場所には危険がたくさんありました(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

こりゃいかん!けがをする前に安全対策を始めました!

我が家で使っている安全対策アイテムご紹介!!

hippocamp ベビーガードストッパー

1、一箱に6本入っています

2、裏面にはテープが付いているので、大変便利です。

3、片方のキャップが外せるようになっていて、長さを調節することができます。タンスなど家具の大きさに合わせて調節することができます。

ここで注意!!

長さを調節してからキャップをはめるのですが、一度「カチッ」とはめてしまうと再度調節はできなくなるので、キャップを閉める前にきちんと調節して確認することをおすすめします(*´꒳`*)

4、我が家では、テレビ台、開き扉の家具、タンスなどに使用しています。角も曲げて使うことができるので、いろんな場所に利用できます。また透明なので、思ったよりも目立たないところがうれしいです。

5、ストッパーを外すときは、まずうっすらとバネが見えている部分をスライドさせます。そのあと、手前に引くとストッパーが外れます。

6、再度、ストッパーをかけるときは、そのまま軽く押し込むと「カチッ」と止まります。

大人は片手で簡単に開け閉めすることができますが、赤ちゃんにとっては開けにくい仕組みになっています。なので、指をはさみの防止や対策ができるので大変安心です(*´꒳`*)

3Mテープでしっかりと家具にくっつけることができるのでとても安心です(*´꒳`*)

3Mテープは後が残りにくく、剥がしやすいのが特徴なので、赤ちゃんが成長して、ストッパーが入らなくなった時のことも考えると、うれしいですよね。

我が家では主にリビングにある家具に使用しています。

息子が手の届く引き出しなどには、安全対策としてhippocamp ベビーガードストッパーを取り付けています。

側についてはいるものの、息子も動きが活発になり、力もついてきたので、hippocamp ベビーガードストッパーをつけるまで、特につかまり立ちをする時にヒヤヒヤでした(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

まだまだ見守りのいる時期ですが、hippocamp ベビーガードストッパーをつけたことで私の気持ちの安心度数も上がりました(*´꒳`*)

透明のhippocamp ベビーガードストッパーをリビングの家具には全部で9本つけていますが、思ったよりも目立つことなく、気にならなかったので、その点も大変うれしいポイントです╰(*´︶`*)╯♡

赤ちゃんが安心して生活できる空間づくりのために、hippocamp ベビーガードストッパーは、オススメです!!